ここでは、アメリカの教育工学者ジョン・M・ケラー(John M.Keller)が提唱している「A R C S 動機づけモデル」を学んでもらいます。

●ARCSモデルとは・・・
 ケラーは、学習意欲を高める手立てを、「やる気を出させるためにはどうしたらよいか」「勉強する意欲をもたせるためにはどうしたらよいか」とただ漠然と考えるより、「なぜやる気がでないのか」を4つの側面からチェックして、それに応じた作戦を立てると効果的ではないかと考えました。
 その4つの側面とは、注意(Attention)、関連性(Relevance)、自信(Confidence)、満足感(Satisfaction)で、その頭文字をとってARCS モデル(アークスモデルと読みます)と名づけました。
       

ARCS モデルの4側面
注意 (Attention) : おもしろそうだな
         メ
関連性(Relevance) :やりがいがありそうだな
         メ
自信 (Confidence) :やればできそうだな
         メ
満足感(Satisfaction):やってよかったな


これから詳しく見ていきましょう!



ichikawa@edutech.tohoku-gakuin.ac.jp